少しでも低コストに抑えたいなら電力自由化を知ろう

価格以外の選択ポイント

電線工事

安すぎるのにも注意

電気設備工事店に工事をお願いする時は、必要な資格を有していることの他にクライアントに対してきっちりと工事内容と見積もりを説明できる電気設備工事店を選ぶようにしてください。電気工事は工事内容によっては自宅だけではなく、周辺家屋に対して騒音や停電などの問題を与えることがありえます。クライアントにしっかりとした説明ができない電気設備工事店は、周辺家屋に対しても説明をしてくれません。書面と口頭によって、工事内容と金額の内訳についても納得してから工事をしてもらうようにしてください。電気工事は安全かつ確実な作業をしてもらうことが大切ですが、価格も選ぶ上での重要事項であることは間違いありません。照明機器やエアコンの移設程度であれば、経験が少しあればできなくもない作業ですが、強電圧や精密な電子機器の取りつけは、技術力がなければできない作業です。相見積もりをして安い業者を見つけることをお勧めします。しかし、専門的技術を使う作業になるので、あまりに安い金額を提示する電気設備工事店は疑ってみた方が良いでしょう。そして、アフターケアが充実していることも電気設備工事店を選ぶ重要なポイントです。評判の良い電気設備工事店はアフターケアが優れていることが多く、アフターケア専門の分野を設けていて顧客満足度を向上している電気設備工事店もあるほどです。保証について書面でしっかりと記載がしてあることを確認するようにしてください。